正しい痩せる方法を理解して、楽に痩せる方法

私は、最初ジム通いや温泉に通うなどをしていましたが、なかなか痩せず困っていたところ、友人から炭水化物ダイエットを勧められました。

 

もちろん日ごろの食事の中から炭水化物をまるっきり抜いてしまうというのは身体に良いわけではありませんので、適度に減らす、そして減らした分別の食事で補うということを実践しています。
またお菓子も好きで食べるのですが、お菓子も糖分の多いものをなるべく避けるようにしました。

 

先に結果から言うと、それを実践してたった1ヶ月で7kg痩せることに成功し、普段の食事生活をそのまま維持しているため、その後も少しずつ体重を減らすことに成功しています。

 

まず、炭水化物が悪いとされている本当の理由を知ることが大切です。有耶無耶に炭水化物を抜いたところで、ダイエットにはなりません。
なぜ、炭水化物の摂取量を減らすのか・・・。
それは炭水化物が体内で消化される過程で糖化を起こすからです。つまりは、痩せられない原因は糖分にあるのです。
ですから炭水化物を抜いたからと言って、甘いお菓子などで糖分摂取をしていたら、それでは効果は現れませんよね?
まずはそういった正しい理解をすることです。

 

そして私が実践しているのは、ただ単に夕食のご飯を抜くということだけです。
お昼は、今まで通りご飯も食べますしおかずも食べます。
そして、夕食についてもご飯を抜いた分、たんぱく質や食物繊維をそれ以上に摂取しています。
そうすることで最初は空腹感もありますがすぐにその食事に慣れることができます。

 

そしてジム通いはしなくなりましたが、温泉通いは続けています。
理由は、高めの体温を維持するためです。
体温を高めに維持するということは、風邪などの免疫力を高めるほかに新陳代謝が上がります。
つまり、カロリー消費が多い身体になるのでより痩せやすくなります。
もちろん温泉以外にも筋肉をつけることも体温を高く維持するということに繋がります。
つまりはジムに通うにしても、身体を動かすことが「痩せる」に繋がるという風に思い込んで通うのではなく、
少し筋トレをして筋肉をつけるという部分に的を絞れば、ジム通いも気楽なものになるのではないでしょうか?